瞬速ニュース

瞬速ニュースでは、最新のいろいろなニュース、芸能界の旬なネタ、情報を
いち早くお送りして行きたいと思います。

    カテゴリ:ニュース > サッカー

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    公益目的事業(サッカー普及振興事業) 以下の活動は「サッカー普及活動」という公益目的事業のため、非課税(以下の事業の記述は、JFA2018年度事業計画書 に基づく)。 日本A代表 2018年は2018年ロシアW杯及び合宿(決勝翌日迄で47日)、親善試合及び合宿6試合(約55日) U-23サッカー日本代表
    135キロバイト (17,530 語) - 2019年10月13日 (日) 12:34



    (出典 cdn.goguynet.jp)


    やったね!日本!

    1 れいおφ ★ :2019/10/15(火) 06:32:37.77

    [10.14 国際親善試合 U-22日本代表 3-2 U-22ブラジル代表]

    U-22日本代表は14日、国際親善試合でU-22ブラジル代表とアウェイで対戦し、3-2で勝利した。

    6月に行われたトゥーロン国際決勝で敗れたブラジルに対し、東京五輪に向けて強化を続けるU-22日本は、
    4日前に行われたU-20サンパウロとの練習試合を3-0で勝利。そ

    の日本は[5-4-1]の布陣で臨み、GKに大迫敬介、5バックに右から橋岡大樹、渡辺剛、立田悠悟、
    町田浩樹、杉岡大暉、中盤に右から三好康児、田中碧、中山雄太、食野亮太郎、1トップに小川航基を据えた。

    ドウグラス・ルイスやマテウス・クーニャらを先発で起用してきたブラジルに対し、開始3分に大迫のキックがカットされてピンチを迎える
    。ヒヤりとする立ち上がりとなった中、守備を固めた日本だったが、15分に渡邉がボックス内のマテウス・クーニャに対し、足を高く上げたプレーがPKに。
    これをマテウス・クーニャに決められ、ブラジルに先制された。

    その後も自陣に引いて凌ぐ日本は20分、食野のミドルシュートで牽制すると、28分に追いついた。
    ボックス手前右から田中がミドルシュートを放つと、GKは一歩も動けずネットを揺らした。同点として以降も守備に徹した日本は1-1で前半を終えた。

    そして迎えた後半、52分に逆転する。決めたのはまたも田中。相手GKのキックミスをカットした流れから、ボックス手前中央の田中がミドルシュート。
    DFにディフレクトしたボールがゴールに吸い込まれた。

    逆転を受けてレアル・マドリーのロドリゴを左サイドに投入したブラジルが、そのロドリゴにボールを集めて打開を図るも、68分に日本が3点目を奪いきる。
    ボックス手前右から中山が左足を振り抜くと、強烈なシュートがゴール右に突き刺さった。

    しかし81分、立田がボックス内でハンドを取られ、2つ目のPKを宣告される。
    これをペドロに決められ、1点差とされた日本は、85分に両足タックルを見舞った町田が一発レッドカードで退場に。
    それでも三好に代えて菅原由勢を投入し、守備を固めた10人の日本が3-2で逃げ切り。敵地ブラジルで勝利する金星を挙げている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191015-00362930-usoccer-socc

    ミドル3発!! 衝撃の逆転劇!! U-22日本代表が“敵地”でブラジル撃破
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191015-43472787-gekisaka-socc
    U-22日本代表、鮮烈ミドル3発でブラジルを敵地で撃破!田中碧が2発、中山雄太が3点目を奪取
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191015-00065320-sdigestw-socc


    【【凄い】国際親善試合!サッカーU-22日本代表が“敵地”でブラジル撃破!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    久保 建英(くぼ たけふさ、2001年6月4日 - )は、神奈川県川崎市出身のプロサッカー選手。リーガ・エスパニョーラ・レアル・マドリード・カスティージャ所属。日本代表。ポジションはフォワード、ミッドフィールダー。 2004年3歳の時、父もコーチとして参加していた東京都稲城市の坂浜サッカークラブで
    35キロバイト (4,360 語) - 2019年7月12日 (金) 15:30



    (出典 img.news.goo.ne.jp)


    久保まじ凄い!!

    1 Egg ★ :2019/07/14(日) 11:12:27.98

    レアル・マドリーに加入したFW久保建英は、スペインでも大きな注目を浴びている。
    スペインのスポーツ新聞『アス』は14日付の1面で、「クボマニア(久保の熱狂)」との見出しとともに久保の写真を掲載した。

    日本人のフットボール選手が、同スポーツの本場スペインの新聞でついに1面を飾る日が訪れた。
    スペインのスポーツ全国紙では『マルカ』に次ぎ2番目の発行部数を誇る『アス』が、久保の姿を同国の隅々にまで届けることを決めたのだ。

    久保が1面を飾った理由、それはレアル・マドリーのトップチームとともに臨んでいるカナダ合宿で、そのポテンシャルが認められたため。
    今季はレアル・マドリーのBチーム、カスティージャに所属する久保だが、『アス』曰くカナダ合宿ではトップチームのコーチ陣を「驚かす」プレーを見せているとのこと。
    コーチ陣は久保が「考えられていたよりもトップチームに近い存在」と捉えているようだ。

    その一方で『アス』は、久保がレアル・マドリーに加入する前に交渉していた、バルセロナの下部組織コーチングスタッフのコメントも紹介。

    過去に久保が在籍しながらも再獲得を控えたバルセロナだが、下部組織のコーチたちは
    「バルサにとって尾をひくことになる最大級の過ち」「彼は一時代を築くはずの選手だった」と、自クラブの判断に嘆きを入れたとのことだ。

    7/14(日) 9:04配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190714-00010010-goal-socc

    写真

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    スペイン紙 AS
    https://as.com/

    【サッカー】<久保建英>振る舞いにスター選手も驚き…レアル関係者は高評価も序列は一番下
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1563021475/

    【サッカー】<久保建英>ベンゼマとの“ホットライン”開通にスペインメディア称賛 「贅沢なパス」
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1562978898/

    【サッカー】<ジーコとブッフバルトの久保建英評>「日本のメッシと呼んではいけない」
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1562732350/


    【【快挙】久保キターヾ(°∀° )/ー! スペイン誌の1面を久保が飾る!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ネイマール(Neymar)ことネイマール・ダ・シウバ・サントス・ジュニオール(Neymar da Silva Santos Júnior [nejˈmaʁ dɐ ˈsiwvɐ ˈsɐ̃tus ˈʒũɲoʁ], 1992年2月5日 - )は、ブラジル・サンパウロ州モジ・ダス・クルーゼス出身のサッカー選
    63キロバイト (5,560 語) - 2019年6月2日 (日) 10:21



    (出典 f.image.geki.jp)


    まるで子供のような行動やなw

    1 ニライカナイφ ★ :2019/05/30(木) 22:28:08.66 ID:o1XxvihF9.net

    ◆ ネイマールは幼稚すぎ? 股抜きしてきた仲間を引っ張り倒す場面が問題視[映像アリ]

    コパ・アメリカ2019制覇を目指すブラジル代表において最も注目されるのは、やはりエースのネイマールだ。ネイマールの出来がブラジルの運命を大きく左右することになり、コパ・アメリカ制覇にはネイマールの貢献が欠かせない。

    当然ネイマールはトレーニング中から注目を集めるのだが、28日に行われたチームトレーニングでは左ひざを痛めて足を引きずる姿が見られた。大会が近づいているだけに、怪我のトラブルだけは何としても避けたい。ただ、注目を集めた映像はこれだけではない。もう1つ今回の代表トレーニングで話題を呼んだものがあるのだ。

    その映像とは、ネイマールがトレーニング中にグレミオFWエヴェルトンを倒してしまったシーンだ。これはあくまでトレーニングなのだが、パスを受けたエヴェルトンがプレスに来たネイマールの股間を通して突破。これにネイマールは少し怒りを覚えたのか、エヴェルトンの服を引っ張って倒してしまったのだ。

    英『Daily Mail』によると、この映像を見たファンからは「優れた選手だが、幼稚」、「これこそネイマールが主将ではなくなった理由では?」といった声がSNS上で挙がっており、フラストレーションをぶつけたような行為が問題視されている。トレーニングから本気で臨むのは良いことだが、さすがに後ろから引っ張るのはまずかったか。

    https://twitter.com/globoesportecom/status/1133484687404535810
    ※リンク先に動画があります

    2019年5月30日 17時0分 theWORLD(ザ・ワールド)
    http://news.livedoor.com/article/detail/16541345/
    (deleted an unsolicited ad)


    【【動画あり】ネイマールが主将を降ろされた理由が判明?! あまりに幼稚すぎる行動が·····】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    本田 圭佑(ほんだ けいすけ、1986年6月13日 - )は、大阪府摂津市出身のプロサッカー選手。サッカー指導者。サッカー経営者。Aリーグ・メルボルン・ビクトリーFC所属。ポジションはフォワード、ミッドフィールダー。元日本代表。カンボジア代表監督兼GM。日本人アスリート初のMIT特別研究員、就任期
    113キロバイト (12,903 語) - 2019年5月27日 (月) 14:41



    (出典 static.fintide.jp)



    1 Egg ★ :2019/05/30(木) 19:40:38.24 ID:tYfOOJhz9.net

     今季限りでメルボルン・ビクトリーを退団することが決まっているMF本田圭佑が、都内で行われたイベントに出席し、仮想通貨への関心を語った。

     本田は世界最大級のマーケティング&コミュニケーションのプレミアイベント Advertising Week(アドバタイジング・ウィーク)のアジア版「Advertising Week Asia 2019(アドバタイジング・ウィーク・アジア2019)」に経営者の大日方祐介氏とともに登壇。今後、共同でブロックチェーン(分散型ネットワーク)についてのプロジェクトを進めていくことを表明した。

     本田は仮想通貨について「出遅れたら取り返しのつかないレベルで進んでいってしまう。いろいろな専門家に話を聞くと、インターネットが出て来た時の雰囲気に似ていると。僕は夢を追い続けられるような環境作りがしたい。それがブロックチェーンの技術によって実現してほしい」と熱弁。

     さらに「公約するわけではない」「やるか分からないですけどね」と強調した上で、「サッカークラブを分散型で経営したい。ファンがクラブのオーナーになれないのはおかしいと思っている。考え方によってはオーナーよりパッションがあるけど、ただの消費者になってしまっている。クラブの意思決定を投票でコミット出来るような未来が来るんじゃないかなと思っている」とビジョンを語っていた。

     なお、本田自身の来季のビジョンについて語ることはなかった。

    5/30(木) 19:33配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190530-43467612-gekisaka-socc

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【サッカー退団後】本田圭佑·····仮想通貨ビジネス参入へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    香川 真司(かがわ しんじ、1989年3月17日 - )は、兵庫県神戸市垂水区出身のプロサッカー選手。スュペル・リグ・ベシクタシュJK所属。日本代表。ポジションはMF、FW。 幼稚園に通っていた頃からサッカーを始め、小学校1年生となった1995年から地元のマリノFC
    85キロバイト (8,688 語) - 2019年2月4日 (月) 01:08



    (出典 f.image.geki.jp)



    1 豆次郎 ★ :2019/02/04(月) 07:52:47.79 ID:aTLAcm669.net

    2/4(月) 7:19配信
    香川真司の“衝撃デビュー”に長友佑都「あんな球蹴れるなら隠さず先言っといてや。笑」

     今冬ドルトムントからベシクタシュに加入したMF香川真司の“衝撃デビュー”をガラタサライDF長友佑都が祝福した。

     香川は3日、アンタルヤスポル戦にベンチ入りすると、4-1とリードした後半36分にピッチに入る。すると、わずか17秒後だった。敵陣中央やや左寄りでパスを受けると、ドリブルからまたぎフェイントをいれて右足一閃。相手DFの股下を抜けたシュートがゴール左に吸い込まれ、移籍後初ゴールを決めた。

     さらに“香川劇場”は続く。得点から2分後の後半39分、ベシクタシュがゴールほぼ正面でFKを獲得。キッカーの香川が右足を振り抜くと、縦回転のかかったシュートがGK手前でバウンドし、ゴール右隅に突き刺さり、投入わずか3分で2点目を挙げた。

     香川の活躍もあってベシクタシュは6-2で快勝。同じトルコリーグでプレーする長友は、自身のツイッター(@YutoNagatomo5)を更新し、「香川真司さん3分で2得点は衝撃的デビューで出来過ぎよ。笑 フリーキック縦回転は初めて見たわ。あんな球蹴れるなら隠さず先言っといてや。笑」と、冗談をまじえながら祝福した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190204-25005816-gekisaka-socc

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【祝】香川真司に神が君臨www 劇的デビューに長友もびっくり!!】の続きを読む

    このページのトップヘ