瞬速ニュース

瞬速ニュースでは、最新のいろいろなニュース、芸能界の旬なネタ、情報を
いち早くお送りして行きたいと思います。

    カテゴリ:ニュース > CM

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ソフトバンクグループ > ソフトバンクグループジャパン > ソフトバンク ソフトバンク株式会社(英文社名:SoftBank Corp.)は、ソフトバンクグループ株式会社傘下の会社で、日本で携帯電話などの無線通信サービス(移動体通信事業者)および長距離・国際通信を提供する日本の大手電気通信事業者。20
    63キロバイト (8,318 語) - 2019年7月5日 (金) 20:53



    (出典 realsound.jp)


    ソフトバンク最新CMが物議を醸す

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/08/08(木) 22:10:10.20

    大手電気通信事業者、ソフトバンクの最新CMが物議を醸している。

    8月1日より、ソフトバンクは、固定料金でインターネット通信が使い放題になるサービス「ウルトラギガモンスター+(プラス)」を宣伝するCM「真夏のバッキャロー篇」を放送。神田沙也加の歌う「真夏のバッキャロー」をバックに、吉沢亮と広瀬すずがカップル役を演じている本CMは、通信制限により「出会えなくなってしまった」悲哀をコミカルに描く内容で、話題を呼んでいる。

    本CMでは通信制限により、映像がカクカクと処理落ちする模様が効果的に使用されているのだが、その処理落ちがあまりにリアルなため、「テレビが壊れた」と勘違いする視聴者が多くおり、ネットでは「心臓に悪い」「CMの演出として失敗している」といった批難の声が多数投稿されているのだ。

    確かに、CMでは左下に「※CM上の演出です、」と小さくテロップ表示されているものの、あまりに小さすぎるため「気づかない」という声も多い。その一方、電気通信事業者にとって永遠の問題でもある「通信制限」を真正面からパロディ化した内容に「ユニーク」との評価も見られ、「印象に残るいいCMだと思う」「サービスの売りがよくわかる」と賛意も上がり、受け手によってその印象は大きく違うようだ。

    今回のような「テレビが故障した」と疑われるような演出は、昭和の時代はバラエティ番組などでしばしば行われていた演出だが、平成に入ってからは視聴者からのクレームが殺到するようになり、現在ではあまり使われなくなっている。

    そんな中、2015年に放送された特撮ドラマ『仮面ライダーゴースト』(テレビ朝日系)にて、音を奪う能力の敵怪人が登場し、キャラクターたちのセリフやBGMがテレビから聞こえなくなるという実験的な演出を行ったことがあり、こちらも当時「テレビが壊れた!?」と物議を醸したことがある。

    「ユニークなCM」か、ただの「悪ふざけ」か……。インパクトのあるCMを作っていくのも大変である。

    http://dailynewsonline.jp/article/1956376/
    2019.08.08 21:00 リアルライブ

    &list=PLTlOWt21vnMVoij_ddW4nIwRSpMgXlO4S


    【【話題】ソフトバンクの新CMが斬新な出来映え!!「放送事故かと思った」www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    工藤 (くどう はるか、1999年10月27日 - )は、日本の女優、歌手であり、女性アイドルグループ・モーニング娘。の元メンバー(10期)である。愛称はくどぅー、どぅー、ハルちゃん。 埼玉県出身。血液型A型。身長161cm。ジェイピィールーム所属。 幼稚園の年少組に所属していたころ、発表会で「モ
    48キロバイト (5,923 語) - 2019年8月1日 (木) 13:44



    (出典 prtimes.jp)


    身から出た錆だなwww

    1 名無し募集中。。。 :2019/08/07(水) 09:14:48.02

    キリンビバレッジ♪

    @Kirin_Company

    返信先:

    @haru_towaoshi

    さん

    地上波での今後の放映予定は、今のところない状況でございます
    ご期待に添えることができず申し訳ございません。午後の紅茶 ブランドサイトに掲載しておりますので、よろしければご覧ください


    【【自業自得】工藤遥☆KIRINさんから嫌われすぎwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    木下 優樹菜(きした ゆきな、1987年12月4日 - )は、日本バラエティタレント、女性ファッションモデル、歌手、女優。歌手グループPaboおよびアラジンメンバーでもあった。本名、藤本 優樹菜(ふじもと ゆきな)。旧姓、木下。愛称はユッキーナ、ゆきなちゃんなど。
    29キロバイト (3,831 語) - 2019年6月5日 (水) 06:29



    (出典 i.ytimg.com)


    このCMじゃ顔が全く分からんw

    1 muffin ★ :2019/06/29(土) 17:34:58.00 ID:31S1CZs49.net

    https://www.rbbtoday.com/article/2019/06/29/171014.html
    2019年6月29日

    本日6月29日よりオンエアされているタカラトミーのフォトジェニックドール「L.O.L. サプライズ!」新CMに、木下優樹菜の長女・莉々菜が出演している。

    同CMで、莉々菜はL.O.L. サプライズ!ドールとお揃いのヘアメイクやコスチュームを着こなし。CM中ではダンスシーンもあるが、撮影前のダンス練習では、何度も何度も繰り返すなど、熱心な一面を見せていた。付き添いで訪れた木下優樹菜が、莉々菜に負けじと「もう一回!やってみて」「そう!イイ感じ」と熱い声援をおくる一幕も。

    同CMでは、渡辺直美と共演しているが、莉々菜は撮影の合間に、3歳から習っているという得意の英語で「ヘアゴール」の「ヘア」の発音を渡辺ら共演者に教えてあげたり、自身も大好きだというL.O.L. サプライズ!ついて話したりして、共演者との会話を楽しむ場面も。いつもママ(木下優樹菜)のモデル姿に憧れていたという莉々菜だが、長丁場の撮影にも一生懸命取り組み、撮影が終わると、共演者やスタッフに挨拶をして、渡辺には「優しくしてくれて、ありがとうございました!」とお礼を言う可愛らしい一面もみせた。

    今回のCM出演について莉々菜は「多分100点」と満足げ。共演した渡辺については「直美さん、すっごくかっこいいと思った。スーパー100点だった」とコメントした。莉々菜や渡辺の出演するL.O.L. サプライズ!新CMは、本日よりオンエア。

    L.O.L. サプライズ! | CM

    (出典 Youtube)

    メイキング01

    (出典 Youtube)

    メイキング02

    (出典 Youtube)


    白黒髪でサングラス着用が莉々菜さん、緑黒髪は野々山ひなたさん

    (出典 www.rbbtoday.com)


    (出典 www.rbbtoday.com)


    (出典 www.rbbtoday.com)


    (出典 www.rbbtoday.com)


    (出典 www.rbbtoday.com)


    (出典 www.rbbtoday.com)


    【【CM】木下優樹菜の長女・莉々菜さんがタカラトミーのCM出演 渡辺直美と共演で29日からオンエア中www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    香取 慎吾(かとり しんご、1977年1月31日 - )は、日本のタレント、司会者、俳優、声優、歌手で、男性アイドルグループSMAPの全活動期(1988年 - 2016年)のメンバー。神奈川県横浜市出身。株式会社CULEN所属。 1987年、ジャニーズ事務所に入所。
    58キロバイト (7,530 語) - 2019年6月15日 (土) 09:44



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    ファミマCM.面白映像に仕上がるw

    1 湛然 ★ :2019/06/27(木) 05:04:52.87 ID:LINSzsuC9.net

    6/27(木) 5:00 オリコン
    香取慎吾、「自分史上最高」の新キャラ、アゴが100センチ伸びる“ファミ平”誕生
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190627-00000342-oric-ent

    アゴが100センチ伸びる! 史上最高のキャラ、香取ファミ平誕生。「ファミペイ」テレビCM「香取ファミ平さま御来店」篇特別映像解禁

    (出典 amd.c.yimg.jp)



     タレントの香取慎吾をイメージキャラクターに起用したファミリーマートの新サービスアプリ「ファミペイ」のCM「香取ファミ平さま御来店」篇が、撮影時のメイキング映像と併せて解禁となった。今回、香取は「今まで演じてきた中で、一番のキャラクターかも…」_と評する新キャラクター“香取ファミ平”にふんし、アゴを100センチも伸ばして、その勢いでレジスターを破壊するという離れ業を見せる。

     公開された映像で、「ハイ、ハイ、ハイ、ハイ!!」と叫びながら、黒髪を振り乱し店内に駆け込んでくる“香取ファミ平”。かわいらしいクマのプリントがあしらわれたTシャツを着用し、あたかもそのクマが意志を持つかのようにしゃべり出す。「いらっしゃいませー」とあいさつをする店員を無視し、「今ファミチキがタダってホント!?」とクマにしゃべらせるファミ平。店員が真実であることを告げると、驚きのあまりアゴが100センチ伸び、その勢いでレジスターを破壊。ファミ平のキャラの濃さ、そして誰も予想することのできないシュールな展開で、一度観たら脳裏に焼き付いて離れない面白映像に仕上がっている。

     ファミ平のインパクトの大きさにも、香取は「とても好きなキャラクターですね。これまで僕が演じてきたキャラクターの中で一番のキャラクターかもしれません」と淡々。香取といえば、これまでバラエティーやドラマを問わず、さまざまなキャラクターを演じてきた。中には慎吾ママや、両津勘吉など、日本中を虜にした国民的人気キャラクターもいたが、その中でもこのファミ平のキャラクターは特別な存在になったよう。香取は「日常には絶対いないようなキャラクターを演じるのが好きなんです。そういうキャラクターが一番弾けられるんです(笑)」と、その理由も明快だった。

     一見勢いに任せたキャラクターに見えるファミ平だが、役作りの肝は発声にある。カメラ裏で密かに何度も発声を練習していた香取は、「声色は自然と出てきたものですが、早口でしゃべることが難しかったですね…。監督からもっとキーを上げてと指示があったのですが、そうすると滑舌が悪くなるんです。キーを上げることと、早口を両立させることがすごく難しかったです」と、役作りを明かした。

     ファミ平のTシャツにあしらわれているクマのキャラクターは、ファミッペという新サービス「ファミペイ」のマスコットキャラクター。ファミリーマートのイメージカラーの緑と青で描かれ、おなかの「ぺ」が印象的なかわいらしいクマだ。そんなファミッペに関して香取は「ファミ平とファミッペは一心同体。自分の中にいるもう一人がファミッペなんです」と関係性を語る。さらに、CM に出てきたファミチキは、香取の大好物。「オススメの食べ方は買った直後に食べること!」と話していた。

     撮影後、香取は「最近のファミリーマートは、僕のスキルに対して『さあこれはどうだ?』『こんなことできるかな?』みたいに挑戦的なんです…」と軽くぼやきつつも、「でも僕はその時できる自分の120%を出し切りますよ!」とファミリーマートの顔として力強く語り、現場を後にした。この先、香取はどんな面白キャラをみせてくれるのか? その答えを知っているのは…、ファミリーマートだけかも!?

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    【【芸能】香取慎吾、「自分史上最高」の新キャラ! 1度見たら忘れないCM誕生www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    松本 人志(まつもと ひとし、1963年〈昭和38年〉9月8日 - )は、日本のお笑いタレント、漫才師、司会者、映画監督、作家、コメンテーター。お笑いコンビ・ダウンタウンのボケ担当。相方は浜田雅功。愛称は松っちゃん(まっちゃん)。妻は元タレントの伊原凛。よしもとクリエイティブ・エージェンシー(東京)所属。
    30キロバイト (3,881 語) - 2019年4月11日 (木) 10:46



    (出典 dot.asahi.com)



    1 江戸領内小仏蘭西藩 ★ :2019/04/14(日) 10:52:50.82 ID:Qq8P5gDD9.net

    4/14(日) 10:34配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190414-00000047-dal-ent

    (出典 amd.c.yimg.jp)

    ダウンタウン・松本人志

     ダウンタウンの松本人志が14日、フジテレビ系「ワイドナショー」に出演。差し歯の芸能人がホワイトニングなど歯磨き粉のCMに出ていることにツッコミを入れた。

     松本は「差し歯丸出しの芸能人が歯磨きのCMしてたりするじゃないですか。あれはどうなんだ、って思うわないですか」とツッコミを入れ、笑わせた。
    HKT48の指原莉乃が「差し歯の人だって歯磨くじゃないですか!」と笑いながら反論すると、「歯真っ白!って、それお前の歯ちゃうやないか、っていうのないですか?」と再びツッコミを入れ、スタジオに笑いが起こっていた。


    【【CMにツッコミ】松本人志、差し歯芸能人の歯磨き粉CMに違和感w 物申ーーーすwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ